スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金を銀行に預けるな

お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
勝間さんの本の中では、今のところ本書が一番有名な本なのではないかと思います。
本人もこの本でブレイクしたと語っていますし(出典:読書進化論)。


本書のテーマは、①金融リテラシー(金融の情報や知識を主体的に読み解く力)を身につけようということと、②リスクを恐れるのではなく、リスクをコントロールしようということです。

第1章では、日本人の金融リテラシーの低さを指摘し、ワークライフバランスをとるために、リスクとリターンをうまくコントロールして収入を得ることの重要性を説いています。

そして、2章以降では、アセットアロケーションの概念や各金融商品の解説、そして実際にリスク資産へ投資するためにするべきことや心構えなどが書かれています。


まあ、ここらへんの話は橘玲さんや内藤忍さんの著書などでよく書かれていることなので、個人的にはこの本から得るものはあまり無かったですね。

ただ、勝間和代という有名人をチャンネルにすることで、多くの人が金融リテラシーに対する意識を高めるための契機を得られるというところに、本書の意義があると思います。


というわけで、本書は、投資を始めようと思っている人が、そのための基礎知識や心構えを学ぶための入門書として良い本だと思います。

【関連記事】
読書進化論

お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
勝間 和代
光文社
売り上げランキング: 2199
おすすめ度の平均: 3.5
4 金融危機後にこの本を批判するのはお門違い
1 内容が浅いし、良心度が低い
3 金融商品との付き合い方を提供する書物
3 ここのレビューをみてわからなくなりました。
3 投資行為は自己責任とは言え、罪作りな人


■関連
勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド
無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法
マネー力
非常識な成功法則
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

UME(管理人)

Author:UME(管理人)
社会人3年目。
仕事にもそこそこ慣れ始めたが、将来のビジョンが定まらず、思い悩む日々。
読書が趣味で、本は週1、2冊のペースで読んでいる。
→詳しくはこちら

本業のブログ
The・知財部員が往く!

コメントやリンクの申し出など、お気軽にご連絡下さい!

ブログ村
最新記事
ads
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
おすすめビジネス本
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。