スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書進化論

読書進化論‾人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか‾ (小学館101新書)
読書進化論を読みました。

実は、勝間和代さんの本を読んだのは、これが初めてでした。
それより前から、勝間さんの翻訳書は何冊か読んでいたのですが。
もちろん、巷で勝間さんの本が流行っていてるのは知っていました。
でも、あまのじゃくな性格が災いして、なかなか読む気にならなかったんですよね(笑)

で、本書がその記念すべき第1冊目となったのですが、さすが売れてるだけのことはあるなと。
本の作りが非常に丁寧だし、読者がいかに本の内容を実践できるかというところにこだわっておられるなぁと感じました。

本書のテーマは、ウェブが発展している現代において、本はどうあるべきなのか、あるいは我々が本というメディアにどう向き合っていくのか、ということです。

本書では、本とネットはそれぞれの長所に応じて使い分けるべきものであり、それらは相互補完的なものであると述べられています。

これは自分が本を書こうとしたときも同様であり、まずはブログ等で文章力を上げ、それをきっかけに本を出版するチャンスを広げていくということが挙げられています。
ここらへんが、勝間さんの実体験に基づいて書かれており、非常に興味深かったです。


実は、私も将来は本を出したいという目標があるんですよね。
それに対する大きなヒントが得られたと思います。

また、勝間さんの読書に対する哲学や、勝間さんが影響を受けた本や著者が挙げられており、今後の読書をしていく上で非常に参考になりますね。
私も神田正典さんの本でも読んでみようかな。


本書はさらに、ウェブ上に本書を補完するようなコンテンツ(動画等)を載せるなど、ウェブと本をインタラクティブにリンクさせるという新しいスタイルを実践しています。

内容もさることながら、このような実験的な取り組みもあって、非常におもしろい本です。

【関連記事】
お金を銀行に預けるな

読書進化論‾人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか‾ (小学館101新書)
勝間 和代
小学館
売り上げランキング: 56241
おすすめ度の平均: 3.5
1 自慢話ばかりでかなりむかつく部分が多い
2 勝間マニアのための勝間ヨイショ本
5 満足しました
4 読書で自分の世界に革命を
3 「読書」進化論ではない


■関連
勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド
無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法
お金を銀行に預けるな
史上最強の人生戦略マニュアル
まねる力
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

UME(管理人)

Author:UME(管理人)
社会人3年目。
仕事にもそこそこ慣れ始めたが、将来のビジョンが定まらず、思い悩む日々。
読書が趣味で、本は週1、2冊のペースで読んでいる。
→詳しくはこちら

本業のブログ
The・知財部員が往く!

コメントやリンクの申し出など、お気軽にご連絡下さい!

ブログ村
最新記事
ads
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
おすすめビジネス本
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。