スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会話がとぎれない!話し方66のルール

誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方66のルール
タイトルに惹かれて買いました。
著者は野口敏さん。

タイトルに違わず本書には、会話上手になるためのヒントが散りばめられています。


本書によると、会話を長続きさせるためには、まず「聞く力」が重要だそうです。

人は自分の話を聞いて欲しいという願望を持っているものなので、それを上手に引き出してやると。
そうすれば、人と会話を長続きさせるのは難しくないそうです。



その際に、重要なのが、相槌の打ち方!

まずは相手の言っていることに共感するのです。


例えば、相手が、

「昨日、課長につかまってしまって、3時間残業するはめになったよ」

という話をふってきたとすると、

「うわぁ、それは大変だったね」

と相手に共感する言葉を返して、次に相手が話し始めるまで待ってみるのが良いそうです。


逆に、「何でそうなったの?」とか「どんな仕事したの?」など、質問をしてしまうのは良くないそうです。
何故なら、変に質問を返してしまうと、相手が話したいことと会話の流れがズレていってしまう可能性があり、その場合は相手から十分に話を引き出せないことになるからです。


質問をするなら、相手がひとしきり話した後に、さらに話を引き出すためにやるのが良いとのこと。

その際も、できるだけ、相手の感情を引き出すような質問を投げかけてやるのです。

人は感情が刺激させることで、よりイメージが膨らみ、エピソードがたくさん出てくるそうです。



う~ん、なるほど!

私はどちらかというと話すのが苦手な人間なので、本書はすごく参考になりました。
しかも、紹介されているテクニックがすぐに実践できるものであるのが良いですね。

私も身近なところで実践してみたいと思います!

誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方66のルール
野口 敏
すばる舎
売り上げランキング: 13
おすすめ度の平均: 4.5
5 かなり参考になりました
2 そのときその瞬間
4 シンプルだけど使える
4 楽しく読める
5 読みやすいのに読み応えたっぷり!

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

UME(管理人)

Author:UME(管理人)
社会人3年目。
仕事にもそこそこ慣れ始めたが、将来のビジョンが定まらず、思い悩む日々。
読書が趣味で、本は週1、2冊のペースで読んでいる。
→詳しくはこちら

本業のブログ
The・知財部員が往く!

コメントやリンクの申し出など、お気軽にご連絡下さい!

ブログ村
最新記事
ads
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
おすすめビジネス本
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。