スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーブ・ジョブズ 超仕事力

スティーブ・ジョブズ 「超」仕事力
本書は、アップルの創始者スティーブ・ジョブズの仕事術を紹介するものです。

最近、有名人の仕事術を紹介する本が次々と出ていますが、果たして、ジョブズの仕事力やいかに?


本書では、ジョブズがアップルを起業したり、i-podやMacの商品を開発する際のエピソードを紹介して、そこから「神の」仕事術を抽出するという構成になっています。
(そう、ジョブズは神のようにすごい人なのです!)


まず感じたのが、ジョブズの製品に対する凄まじいまでの拘りと愛着です。

自分の思い描いている製品ができるまで決して妥協せず、開発者を叱咤激励します。

i-podやMacなどのアップルの製品がここまで人気になったのも、彼が徹底して消費者の視点から魅力ある製品を追求したためだと分かります。


優れた人材を集めることにかけても、ジョブズはすごいです。
ジョブズは、自分が必要だと信じた人物に対しては、いくら断られようとも、あらゆる手段を駆使して落としにかかります。

例えば、ペプシ社のマーケティングの達人・ジョン・スカリーを引き込もうとしたときのエピソード。
(ちなみに、ペプシは、彼のマーケティングによって、コカ・コーラを抜いて世界一になったそうです。)

ジョブズは、アップルには彼のマーケティング能力が必要だと確信し、必死に勧誘を行います。
しかし、スカリーは、アップルに心惹かれながらも、やはり首を縦にふらない。

そんなスカリーに対して、ジョブズは・・・、


あなたは残りの人生を、砂糖水を売って過ごすのですか?

世界を変えるチャンスを手にしたくはないのですか?



う~ん、すごい言葉ですね(笑)
ここまで、言われて落ちない人はいないでしょう。


このように、本書を読めば、ジョブズのエピソードから、起業家や経営者として成功するためのヒントが見えてきます。


自分の直感を信じ続けること。

そして、何より情熱を持ち続けること。


これらのことは、言うは易い行うは難しだと思います。

人並み外れた自信と情熱を持ち続けることができる人が、ジョブズのような成功者になるのだと思いました。

スティーブ・ジョブズ 「超」仕事力
竹内 一正
日本実業出版社
売り上げランキング: 67822
おすすめ度の平均: 3.0
3 ジョブズの経歴がわかる
2 インパクト不足
5 まずは自分ありき、の大切さを知れる1冊。
3 「当たり前」のことや信念を徹底する
3 彼だからできる独自のワーク


■関連
1兆円を稼いだ男の仕事術
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

UME(管理人)

Author:UME(管理人)
社会人3年目。
仕事にもそこそこ慣れ始めたが、将来のビジョンが定まらず、思い悩む日々。
読書が趣味で、本は週1、2冊のペースで読んでいる。
→詳しくはこちら

本業のブログ
The・知財部員が往く!

コメントやリンクの申し出など、お気軽にご連絡下さい!

ブログ村
最新記事
ads
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
おすすめビジネス本
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。