スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか2

環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks)
そういえば、自分は環境問題についてあまり知らないなぁ、ということで買ってみました。

興味はあるんですが、なかなか勉強する機会が無かったもので・・・。


本書を読んでみて、大仰天でした!!

環境問題に対する自分の認識が如何に間違っているかを痛感しましたね。


とりあえず、今ホットな話題である地球温暖化についてレビューしてみます。


本書では、地球温暖化について研究している国際機関、IPCC(Intergovermental Panel of Climate Change)のレポートを基に、温暖化に対する世間のイメージが実情といかに乖離しているかを説明しています。

(IPCCは、日本政府も出資している信頼性のある機関です)

で、IPCCによるレポートの衝撃な内容が、こちら・・・。


①地球温暖化に対する、二酸化炭素の寄与度は約50%である!

②地球温暖化による、100年後の温度上昇の予測中央値は2.8℃!

③地球温暖化による、30年後の海面上昇幅は、11センチ!


え~っ!ってかんじですよね。

まず、あれだけ地球温暖化の悪玉に挙げられている二酸化炭素は、温暖化に50%しか関係していません。
(専門家の中には、もっと影響が小さいと言っている人もいるそうです)

そして、100年経っても大して気温は上がらないし、海面上昇にしてもたった11センチです。

よく言われている、海面上昇によって街が沈没するというイメージとは、あまりにかけ離れています。

ちなみに、NHKは、100年後の気温上昇を6.4℃、海面上昇を59センチと、IPCCのレポートの最も悲観的な数値で報道しています。

このような報道をしているのは日本だけであり、故意に国民の危機意識を煽っているとしか思えません。



また、詳しい解説は本書に譲りますが、他にも以下の様なトピックについて書かれています。


・京都議定書は、日本だけがワリを食っている、現代の不平等条約である。

・バイオ燃料は、世界の格差を拡大させる。

・ペットボトルのリサイクルは完全に無駄である。

・レジ袋削減は無意味。


などなど。

我々の常識がことごとく覆されます。


本書を読んで、環境問題の本質をとらえるためには、外交、政策、報道バイアスなどについて理解を深めることが不可欠であると感じました。

これらのことが、環境問題についての理解をねじ曲げたり、ミスリーディングしたりしているからです。

とにかく、巷のキャンペーンに踊らされず、自分なりに考えてみることが必要ですね。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks)
武田 邦彦
洋泉社
売り上げランキング: 15331
おすすめ度の平均: 4.0
4 環境問題の基準年「90年」の謎
4 環境ファシズムの時代
4 政治・メディア批判や道徳の書と見れば割と納得できるのですが、
5 環境問題のこういう意見も知っておいてはどうかな?
2 着眼点は良いが…

スポンサーサイト
プロフィール

UME(管理人)

Author:UME(管理人)
社会人3年目。
仕事にもそこそこ慣れ始めたが、将来のビジョンが定まらず、思い悩む日々。
読書が趣味で、本は週1、2冊のペースで読んでいる。
→詳しくはこちら

本業のブログ
The・知財部員が往く!

コメントやリンクの申し出など、お気軽にご連絡下さい!

ブログ村
最新記事
ads
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
おすすめビジネス本
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。