スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辞表を出して次へ行け!!

辞表を出して次へ行け!
これまた衝撃的なタイトルです。

辞表を出して次へ行け!!

先日紹介した「年に一度は、退職届を書きなさい」とタイトルは似ていますが、その内容は真逆と言ってもいいと思います。



まず、本書のスタンスとしては、自分のためにならない環境に無理している必要は無い、転職してどんどんキャリアップするべきだ!というものです。

本書では、転職をすることによって、①転職によるスキルアップ、②辞職そのもので得られるスキルアップができると主張しています。


まず、①についてですが、転職で環境を変えることで、今まで伸ばせなかったスキルを獲得することができます。

違う組織に属することによって、様々なもの考え方が分かり、視野が広がります。

そして、それ以上に重要なのは、仕事を変えることによって、勉強ではなく経験でしか得られないノウハウ(本書ではノウハウBと呼んでいます)を蓄積することです。

ノウハウBは、本やインターネットからは決して得ることができません。
経験を積み重ね、消化し、それが血肉になったものです。

だから、ノウハウBを多く持っているほど、人材としての市場価値が非常に高まります。

このノウハウBの考え方には、特に目を開かされました。



②については、仕事を辞めることによって自分を見つめ直す機会が得られるということです。

つまり、仕事や家族など自分の人生にとって大切なものの優先順位を見直し、将来のプランを作る作業ができるということです。
本書では、これをディスティニィ・プランと言っています。

仕事を生活費を得るための手段だと割り切って家族との時間や趣味を優先させるのか?
仕事を自己実現の場と捉えてがむしゃらに突き進むのか?
あるいはその両方を追い求めるのか?

このディスティニィ・プランをつきつめていくと、結局、個人の幸福とは何か?という問いにつながっていくと思います。

これを見つめ直すことは、確かに意義がありますね。



筆者の主張は時として過激ですが、かなり共感できる部分が多かったです。

「成功者の中に、一つの組織に居続けた人間がいたか!」と言われると、納得せざるを得ません。

もちろん、一時の感情に流されるような安易な転職を勧めているわけではありませんが、自分の将来的なヴィジョンと今の仕事があっているのかについてコンスタントに見直す必要がありそうですね。

辞表を出して次へ行け!
長野 慶太
大和書房
売り上げランキング: 64349
おすすめ度の平均: 5.0
5 開き直れます!
5 45歳で転職した経験から、全くその通り!と拍手を贈りたい1冊。
5 経営の視点からも興味深い1冊
5 不安な世の中、立ち止まって考える支援となる本



■関連
年に一度は、退職届を書きなさい
無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法
サラリーマン再起動マニュアル
スポンサーサイト
プロフィール

UME(管理人)

Author:UME(管理人)
社会人3年目。
仕事にもそこそこ慣れ始めたが、将来のビジョンが定まらず、思い悩む日々。
読書が趣味で、本は週1、2冊のペースで読んでいる。
→詳しくはこちら

本業のブログ
The・知財部員が往く!

コメントやリンクの申し出など、お気軽にご連絡下さい!

ブログ村
最新記事
ads
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
おすすめビジネス本
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。