スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・資本論 僕はお金の正体がわかった

新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書)
堀江貴文さんの新・資本論です。
最近、執筆活動が盛んですね。

世間的には何かと悪評がささやかれる堀江さんですが、私は、やはり彼は凄い人だと思って尊敬しています。

本書では対談形式で、堀江さんが経済、社会、資産運用、起業などについて語っています。


タイトルにもなっているお金の正体については、「信用を数値化したもの」であるとしています。

卑近な例としては、お金が無くても友人の家に泊めてもらったり食事をおごってもらったりして生活できるということです。
これも友人に対して、信用があるからこそであると。


こういう考え方って、やはり経営者ならではのものですよね。

経営者が投資家から資金を集めたり、銀行やVCから融資を受ける場合、彼らがいくらお金を出してくれるかは、こちらの人柄や事業内容をどれだけ信用してるかによるわけですから。



あと、個人的に印象に残ったところは、起業についてのトピックでしょうか。

堀江さん曰く、100万円のお金があれば、投資するよりも自分で起業した方が絶対いいと。
日本には100万人以上社長がいるんだから、誰だって社長や経営者になれるんだと言って激励しています。

起業に憧れている私としては、ここらへんの話に非常にモチベートされましたね。

新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書)
堀江 貴文
宝島社
売り上げランキング: 310
おすすめ度の平均: 2.5
5 最近では久々のヒット
3 堀江チルドレンを作るべき
1 内容が浅い
1 お勧めはできない。
3 3時間で読めて、自己投資に前向きな気分にさせられる


■関連
ホリエモン×ひろゆき「なんかヘンだよね・・・」
1兆円を稼いだ男の仕事術
スポンサーサイト
プロフィール

UME(管理人)

Author:UME(管理人)
社会人3年目。
仕事にもそこそこ慣れ始めたが、将来のビジョンが定まらず、思い悩む日々。
読書が趣味で、本は週1、2冊のペースで読んでいる。
→詳しくはこちら

本業のブログ
The・知財部員が往く!

コメントやリンクの申し出など、お気軽にご連絡下さい!

ブログ村
最新記事
ads
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
おすすめビジネス本
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。